COCO卵の初出荷


今朝はココナッツオイルの搾りかすを食べている鶏が産んだ卵、「COCO卵(ここたま)」の初出荷の日でした。

1月3日に出荷担当の社員に出社していただき、僕も父と長男と一緒に出社しました。長男は初アルバイトとして、4時間働きました。

小五の長男が卵パックを緩衝材で包み、漏れ防止のポリ袋に入れ、箱詰めしているのを見てとてもうれしく思いました。

COCO卵-凱登

僕も小学生のころ、夏休みは父の工場で、汗だくになって製品の組み立てをしていました。当時は役に立っていたつもりでいましたが、実はあまり戦力になってなかったんだな~と気づかされます。

今の自分も、自分が思ってるほど、実は戦力にはなってないかもしれません。ですので、常に向上心をもって自身の戦闘能力を上げることを忘れないようにしたいと思います。

父がピリナッツを卵に混ぜて作る「ピリスクランブルエッグ」、を作って社員にふるまっていました。腕がいいのか卵がいいのか、多分両方ですが味も最高です。

ピリスクランブル ピリスクランブル-父

今まで色々な名卵を食べてきました。美しい卵も。COCO卵は色もサイズも不揃いすが、間違いなく日本一の卵です。

卵

いつか皆様をお迎えする際に美味しい卵料理をふるまっておもてなしをしたいと思っています!

COCO卵

 

カテゴリー: マネジメント・経済

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*