神経保護作用


ケトン体は、細胞の損傷、損傷、死の程度を低下させ、ニューロンと心筋細胞のアポトーシスを低下させます

ケトン体は糖代謝が滞った状態における神経細胞死およびROS蓄積を減少させます。

またβヒドロキシ酪酸及びアセト酢酸は神経ATP生産の低下を抑制します。そして、βヒドロキシ酪酸は海馬の脂質酸化を抑制します。

ケトジェニックダイエットや、βヒドロキシ酪酸の投与は、虚血性脳卒中、パーキンソン病、中枢神経系の酸素毒性発作、てんかん性けいれん、ミトコンドリア脳筋症、乳酸アシドーシスおよび脳卒中様発作およびアルツハイマー病などにおいて神経保護を発揮します。

Cell Metab. 2017 Feb 7; 25(2): 262–284.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です