ケトン体の生産を促すホルモンは?


ケトン体生産の機能はインスリングルカゴンという二つのはホルモンによって調整されています

糖質の摂取量が低下してくるとインスリンの分泌は低下します。インスリンの役割は栄養を細胞へ運搬することを介助することです。

ブドウ糖は肝臓に運び込まれグリコーゲンになります。肝臓がブドウ糖をグリコーゲンとして貯える量には限度があります。許容量を超えると肝臓はブドウ糖から脂肪を生産し始めます。これらの脂肪は脂肪細胞へ貯えられます。

グルカゴンの役割はグリコーゲンを分解して糖を作ることです。糖質摂取量が少なくなると血糖は低下していきますが、グルカゴンは血糖を上昇させ血糖値を安定させます。

インスリン分泌が低下し、グルカゴンの分泌が上昇したときに、ケトン体の生産が行われケトーシスが起こります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です